コンディション・マネジメント・スキル®とは?

コンディション・マネジメント・スキル®(以下、CMS)とは?

ソーシャル(社会)フィジカル(肉体)メンタル(精神)CMS
『ベストコンディション』の実現

CMSとは、経営者と従業員の皆様の、フィジカル(肉体)を整え、メンタル(精神)を高め、ソーシャル(社会)に貢献する意欲を更に育む具体的な技術体系です。

ベストコンディション(自分史上最高のコンディション)を実現し、ベストパフォーマンス(自分史上最高のパフォーマンス)を発揮することで、企業業績と企業風土の改善・向上を達成します。

肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、全てが満たされた状態を創ることを目的としています。

『全てが満たされた状態』こそ、『人を幸せにする理念経営』の実践そのものであると私たちは考えています。

※単なる知識(座学)ではなく「技術」です。従って再現性が高く、誰でも学びを深めることで習得・実践が可能です。

なぜ今、多くの企業人のコンディションが悪化し、パフォーマンスが低下しているのか?

パフォーマンスの悪循環 食べ過ぎ、考えすぎ、不自然なこと 現代日本の社会環境

『食べ過ぎ・考え過ぎ・不自然なこと』の実行で人のパフォーマンスは著しく低下します。現代日本の社会環境(流通とマーケティングの発達・高度なIT社会・企業間競争の激化)は、『食べ過ぎ・考え過ぎ・不自然なこと』の過剰を促進しがちなので、自分の与えられた環境で真面目に頑張っている人ほどこの三つの悪循環に陥りやすく、コンディションの悪化を招いています。

Ex.

  1. ・仕事の生産性が悪い
  2. ・ミスをする
  3. ・やる気がでない
  4. ・イライラする
  5. ・面倒くさい
  6. ・言われた事が覚えられない
  7. ・人と関わるのが煩わしい
  8. ・体がだるい
  9. ・疲れが取れない
  10. ・精神疾患による休職など

従来型のアプローチの壁は、『習慣形成』

フィジカルは個人任せのままメンタル・ソーシャルを高めようとする従来型アプローチ(自己啓発・スキルアップ・キャリアアップ・知識学習・目標設定・ビジョン発想など)が、ビジネスにおけるパフォーマンス(業績→達成→あらたな高い目標設定→実行)に負荷を与えています。フィジカルが不調なままメンタルを高めようとしても『習慣形成』が難しいものです。(イライラする・疲れが取れない・面倒くさい・やる気が湧かない・覚えられない・・・ 脳と体がそう反応する)

従来型のアプローチの壁は、『習慣形成』

CMSによる新たなアプローチ『習慣形成』の壁を打破する

フィジカルからのアプローチで、根本的にパフォーマンスが上げられる状態をまず創り上げます。人生の成功は、生活習慣(最大は食習慣)に大きく起因している部分に着目。フィジカル・メンタル・ソーシャルの順にコンディションを高めていくCMSの技術を身に付けることで、日常の習慣形成(体質変化)を行いながら定着と向上を図ります。

そのプロセスで、思考が根本的に変わり行動が変わります。行動変革からの成功体験が更なる好循環を生む、それがCMSなのです。

従来型のアプローチ 1.メンタル 2.ソーシャル モチベーション、ビジョン発想、etc CMSによる新たなアプローチ 1.フィジカル 2.メンタル 3.ソーシャル 健全な成長と貢献欲求

コンディション・マネジメント・スキルとは®

CMSの目的

ソーシャル(社会)フィジカル(肉体)メンタル(精神)CMS
『ベストコンディション』の実現

CMSとは、経営者と従業員の皆様の、フィジカル(肉体)を整え、メンタル(精神)を高め、ソーシャル(社会)に貢献する意欲を更に育む具体的な技術体系です。

ベストコンディション(自分史上最高のコンディション)を実現し、ベストパフォーマンス(自分史上最高のパフォーマンス)を発揮することで、企業業績と企業風土の改善・向上を達成します。

肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、全てが満たされた状態を創ることを目的としています。

『全てが満たされた状態』こそ、『人を幸せにする理念経営』の実践そのものであると私たちは考えています。

※単なる知識(座学)ではなく「技術」です。従って再現性が高く、誰でも学びを深めることで習得・実践が可能です。

CMSで得られる4大メリット

Knowledge 知識

コンディション改善のための最新の知識・情報を身に付けて判断力・洞察力が高まります。

Attitude 態度

仕事に対する意欲が高まり、働く態度・思考が変わり、成長・貢献欲求が強まります。

Skills スキル

具体的な改善技術を習得し、自己管理能力が向上し、
仕事において卓越した成果が出せるようになります。

Habit(習慣)

より良い仕事と生活の習慣が形成され、信頼度・安定度が向上します。

CMSの3つの次元(ディメンション)

フィジカル(肉体)

身体、特に脳の働きを決定づける血液の質の根本的改善からスタートします。実際の生活習慣(体質)の改善・向上を図ります。

メンタル(精神)

精神がパフォーマンスに与える影響を、理論と体感により理解し、体得することで、メンタル面での習慣における改善・向上を図ります。

ソーシャル(社会)

自分が社会的にどうなりたいのか?健全な貢献欲求に基づくビジョンを描き、強く願うことが現実をどう決定するのか。理論と体感・実践の中で理解し、体得し、ソーシャル面での習慣形成と改善・向上を図ります。

CMSの8つのアプローチ

食事・筋肉・呼吸・休養・言葉・意識・思考・姿勢 CMS

人が生きていく上で、メンタル・フィジカル・ソーシャルは相互に影響・依存しあい、実に複雑なシステムを構築しています。

CMSでは、その関連性に注目し、8つのアプローチ(食事・筋肉・呼吸・休養・言葉・意識・思考・姿勢)で、無理なく習慣形成を行いベストパフォーマンスを発揮する状態を自ら創り上げます。

Page Top